事故発生時にはこれだけのことを

(1)けが人を救護する

救護イメージ

けがをした人の救助がまず最優先です。救急車を呼ぶとか、近くの病院に運ぶなど状況に応じて適切な方法をとりましょう。たとえ軽いけがでも必ず病院の診察を受けてもらうようにします。必要な場合は近くにいる人に協力を依頼しましょう。

(2)二重事故を防止する

二重事故防止イメージ

事故車をそのままにしておくと、交通渋滞や二重事故の原因になります。安全な場所へ移動しましょう。夜間の事故や高速道路の場合は、ハザードランプの点滅、停止表示板の設置などによって、後続車に知らせる措置も必要です。

(3)警察へ連絡する

通報イメージ

応急措置をとったうえで、電話で最寄りの警察に報告してください(局番不明の場合は110番で通じます。携帯電話の場合も同様です。)人身事故・物損事故、被害の大小を問わず、警察への届け出は必要です。届け出がないと、事故証明書の交付がされません。
警察への連絡事項は

(1) 事故発生の日時、場所
(2) 死傷者の数およびその負傷の程度
(3) 壊れた物およびその程度
(4) その事故について講じた措置
などです。

警察官に状況を説明するときは、自分を良く見せようとしたりあいまいなことを言わず、ありのままに、主張すべき点ははっきり言いましょう。

(4)相手を確認する

相手確認イメージ

加害事故、被害事故にかかわらず、免許証や身分証明書などにより、事故の相手方の氏名、住所、電話番号、車の登録番号などを必ずメモしましょう。相手方にも保険がある場合は、加入している保険会社、証券番号、連絡先を確認してください。

(5)事故状況と目撃者を確認する

事故状況確認イメージ

事故の状況は、賠償額を決定するうえで重要な決め手になります。忘れないうちに、お互いのスピード、停止位置、信号などをメモしておきましょう。目撃者がいたら、住所や氏名などもメモしておくことも大切です。

(6)その場で示談しない

現場示談拒否イメージ

人身事故、物損事故いずれの場合でも、事故の現場では絶対に示談をしないでください。相手方に主張すべきことははっきりと主張し、あいまいなことは言わないようにしてください。「事故費用は当方で責任を持ちます」などと軽率に約束をしないように注意してください。

(7)会社に連絡する

会社に連絡イメージ

会社の責任者または事故担当者に事故の状況などを正確に報告し、必要な指示を受けてください。

近畿共済への事故報告

事故が起きたら、小さな事故でも必ず近畿共済までご報告ください。速やかな事故報告が円滑で迅速な事故処理につながります。近畿共済では、電話またはファックスで事故報告を受け付けていますので、下記の事務所までご連絡下さい。夜間・休日はフリーダイヤル 0120-132583 で受け付けています。

大阪北部事務所(中央・西・第六・北大阪・東北) TEL:06(6965)2831 FAX:06(6965)2838
大阪南部事務所(浪速南・大正・南大阪・東大阪・港) TEL:06(6965)2833 FAX:06(6965)2643
河北事務所 TEL:06(6381)6544 FAX:06(6381)6629
泉州事務所 TEL:072(247)1701 FAX:072(247)2777
奈良事務所 TEL:0743(59)1701 FAX:0743(59)1751
和歌山事務所 TEL:073(422)2451 FAX:073(422)2461
滋賀事務所 TEL:077(516)0001 FAX:077(566)5300
京都事務所 TEL:075(671)1894 FAX:075(671)4382
事故報告のポイント

(1) 事故日時・場所
(2) 契約車両の登録番号、運転者氏名
(3) 届出警察名
(4) (人身事故の場合は)被害者数(死亡・負傷別で)、氏名・連絡先、治療機関名・連絡先
(5) (物損事故の場合は)被害物件数と所有者名・連絡先、車の修理工場の連絡先
(6) 事故の状況

夜間・休日の事故報告

平日夜間(17時~翌朝9時)と土曜・日曜・祝日・年末年始(12月29日~1月4日)の事故受付は「近畿共済事故受付センター」にて承ります。
ご報告いただいた事故について共済契約の確認を行った上で、事故の受付を行います。一定の条件を満たした場合、契約者(組合員)のご要望に応じて、翌営業日を待たずに相手方(被害者)への連絡等の初期対応を実施します。従って、事故状況が不明な場合、相手方に過失がある場合などは翌営業日の対応となります。

0120-132583(いざ事故発生)受付時間平日 午後5時~翌朝9時、土曜・日曜・祝日 24時間●携帯電話・PHSからもご利用いただけます。

この事故受付センターにおいて受付・初期対応を行った事故は、当組合の翌営業日に、速やかに引き継ぎを行い、引き継ぎ後は当組合の職員(担当者)が対応します。(この事故受付センターは、あくまで事故受付・初期対応のみ行います。当組合職員が引き継ぎ後は、事故受付・初期対応を行った事故であっても、この事故受付センターでは対応を行いません。)